愛犬家の私がACジャパンのCM「ペットの命」を観るたびに胸が締め付けられてしまう。

皆さん、こんにちは。
突然ですが、私は現在放映されているACジャパンの『テーマ:ペットの命』のCMが大嫌いです。

ACジャパンの『テーマ:ペットの命』CMが嫌いな理由

別にペットが嫌いという訳ではありません。逆にペット(特に犬)は大好きです。正確に言うと犬を飼い始めてから好きになりました。犬を飼うまでは特に好きでも嫌いでもありませんでした。

もちろんCMの内容に反対ではありません。ただただ、CMを観るたびに殺処分されていったペットたちはどんな気持ちで死んでいったんだろう?って思ってしまうんです。

いや、死んでいったという言葉は間違いです。正確に言えば楽しいひと時を共にしてきた飼い主に殺されたといった方が正解でしょう。そんな飼い主の身勝手な理由で、今まで飼い主の事が大好きだったペット達はどんな気持ちで命を奪われていったんでだろう?とCMを見るたびに思ってしまうんです。

ペットを飼っている方でこのCMが好きな人は居るのでしょうか?もちろんペットを飼っていない方でもCMの内容が切なすぎると感じている方が大半でしょう。

イヤ、CMを観た方全員が同じような気持ちになってほしいんです。

ペットを手放す理由が大嫌い

CM内で映し出されるペット達を手放した理由が、私は大嫌いです。

  • 大きくなったから
  • 家族旅行に行けない
  • 思ってたより臭う
  • 飽きたから

こんな理由は、本当に飼っても大丈夫かと飼う前に考えることだろ!

『大きくなったから』…いやいや、あんたも赤んぼの頃から比べれば、だいぶデカくなったぞ!

『家族旅行に行けない』…飼う前にわかれよ!連れていけないならペットホテルもあるし!

『思ってたより臭う』…基本ペット達は獣です。なので個体差はあるが獣臭が漂います。シャンプーなどの手入れを怠れば臭くなるし。あんたも臭くなるだろ!生きてるんだから!!!

『飽きたから』…ペットの事なんだと思ってんだよ!そんな飼い主の事だから、きっとペット達から飽きられてたろうよ!

ついつい感情的になってしまいましたが、「ペットを飼う」ということは『可愛い』『癒される』などのキレイ事だけでは済まないんです。

子犬や子猫はいつまでも小さなままじゃなく成長します。

1歳にもなれば立派な成犬になります。

時が過ぎれば老犬になり、介護が必要になります。つまり、人間と一緒なんです。

「ペットは家族だ」という言葉をよく聞きますが、赤ちゃんだったペットがあっという間に自分たち人間の年齢を追い越し年老いて行きます。

思い描いていたペットとの生活のギャップに耐えられなくなり、『飽きたから』なんていう心無い理由でペット達を手放す飼い主たちがいる事が悲しいです。

そんな心のない飼い主には、ある女子高生たちの爪の垢を煎じて飲ませたい。

あっ!変な趣味じゃないですよ…。ある女子高生たちとは

青森県立三本木農業高等学校に通う高校生です。

「いのちの花プロジェクト」って知っていますか?

青森県立三本木農業高等学校に通う高校生が取り組むプロジェクトで、殺処分された犬や猫たちの骨がゴミとして処分されている現状を知った高校生たちが、骨を砕いて肥料にして花を咲かせる取り組みです。

自分たち人間の身勝手な行動で、命を終わらせてしまっている事実を受け、何度も「ごめんね」と涙を流しながら、大きな骨や小さな骨を園芸用のレンガで骨を砕く姿に胸を打ちます。

まとめ

青森の高校生のように特別なことをしようぜ!とまでは言いません。もちろん私も立派なことはできていません。

今できることをもう一度考えましょう。

現在ペットを飼っている方は責任をもって、最後まで面倒を見ましょう。これから、ペットを飼いたいと思っている方はよーく考えて決断をしましょう。

全員が理不尽な理由でペットを手放したとは思いません。中には断腸の思いで手放す人もいるかもしれません。ただし、手放した時点で心無い飼い主たちと同類だと思います。

いままでペットを飼うことは大変だということしか書きませんでしたが、それ以上に素敵なことが沢山ある事もお伝えしておきます。

最後に一言。

これ以上、飼い主の身勝手な理由で命を落とすペットがゼロになりますように。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【愛犬の健康を考える】食器台の高さを見直しましょう