ヘタッピ画伯でも、プロの仕上がり『AutoDraw』を試してみた。

こんにちはー。
久しぶりの投稿になってしまいました。今回は『お絵かきサービス』のAutoDrawについてお伝えします。

AutoDrawについて

AutoDraw はGoogleが公開した『お絵かきサービス』のことで、描いている人が何を描いているのかをAIを駆使して考えて、携帯の予測変換のように候補を挙げてくれるサービスです。テキトーに書いた絵も、AIが考えて候補をどんどん挙げてくれるから、絵に自身が無い方でも綺麗に仕上げてくれます。

AutoDraw はどこで利用できるの?

AutoDrawは「iPhoneアプリ」でも「androidアプリ」でもありません。利用できるのはWEBサイトなので、パソコンでもタブレットでもスマホでも利用が可能です。

AutoDraw   ⇒ https://www.autodraw.com/

実際に描いてみよう。

利用できる機能は以下の通りです。

  • Draw(描画)
  • AutoDraw
  • 文字入力
  • 塗りつぶし
  • 形状描画
  • 移動・回転・拡大・縮小
  • PNGファイルでの保存
  • SNSへのシェア

と、機能は十分です。

まず、うさぎを描いてみたいと思います。

こんな微妙な感じが

プロの仕上げに。

良いですね~。もっと描いてみましょう。

お花を描いたつもりが

予想外の絵を推薦してきたりします。

AutoDrawの使い道は?

推薦してくる絵のタッチは、比較的ポップで簡易的なイラストが多く感じます。ロゴマークやちょっとした挿絵に良いのではないかと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気軽に楽しもう!定額見放題プランのビデオオンデマンド

素敵な大人にぴったり。引き算から生まれた【MYNUS iPhone CASE】

おやつランキング グランプリのパンダ焼きが食べたくなったので買いに行きました

知らないと損!年間3900円のAmazonプライムは間違いなくお得なサービスであ...

鯛車焼きは「古き良き時代」を忘れないために生まれた絶品おやつ

Amazonプライム会員必見!価格変動をチェックしてお得に買い物をする方法