Excel初心者必見!キーボード操作でカッコよく見せる方法

こんにちは、きよごりです。

春ですね~。春は始まりの季節です。特に新社会人になる人は期待と不安で胸がいっぱいなんじゃないかなぁと思います。社会人になると仕事の内容を覚えるほか、マナーや仕事のスキルなど色々身に付けないといけないことがたくさん出てきます。その中でも、いち社会人として基本?のスキルとして「Excel」や「Word」があります。あなたはどれくらい使いこなせますか?特に「Excel」って「Word」より、何気に利用頻度が高いんです。

誰だって先輩や上司、同僚の可愛いOLさんに『おっ!コイツなかなか出来るかも』なんて思われたいじゃないですか・・・。

今回は、ちょっとしたことで『Excel操作』をかっこよく見せちゃう方法を教えます。早速ですがカッコよく見せちゃうポイントを伝えちゃいます。

ポイントは『マウス操作じゃなくキーボード操作』だよ。

簡単キーボード操作の基本をマスターしよう

【Ctrl】キーの使い方(働き方)を覚えよう。

  1. 【Ctrl】キーを押しながら、方向キー【↓】を押してみましょう。
  2. 現在のセルより下方向にある、次のデータまで飛んでいきます。また、データが無い場合は最下行まで飛んでいきます。
  3. 同様に【Ctrl】キーを押しながら、方向キー【→】を押すと右方向にある次のデータまで飛んでいきますし、データが無い場合は最後列まで飛んでいきます。

【Shift】キーの使い方(働き方)を覚えよう。

  1. 【Ctrl】キーと【Shift】キーを押しながら、方向キー【↓】を押してみましょう。
  2. 現在のセルから下方向にある、次のデータまでを選択します。また、データが無い場合は最下行までを選択します。
  3. 同様に【Ctrl】キーと【Shift】キーを押しながら方向キー【→】を押すと、現在のセルから右方向にある次のデータまでを選択しますし、データが無い場合は最後列まで選択します。

 

ポイント
  • 【Ctrl】を押しながらカーソルキー … 次のデータまで飛ぶ
  • 【Shift】と【Ctrl】を押しながらカーソルキー … 次のデータまでを選択する

 

以上のポイントを踏まえて、次の操作をするとき、マウス操作とキーボード操作のどちらが簡単で素早く選択できるでしょうか?

マウス操作ですと、【クリック】⇒【ドラック】で選択しますが、

キーボード操作では【Ctrl】+【Shift】を押しながら、方向キーを【↓】⇒【→】の順番で押します。(方向キーを【→】⇒【↓】でも同じです。)

データ量がこのくらいなら、どちらでも大差ないと思いますが、大量なデータの場合マウスでドラッグするのは、時間の無駄です、じれったいです。

Sheet間の移動もキーボード操作で簡単!

Sheetの切り替えも、キーボード操作で簡単に出来ちゃいます。

  1. 【Ctrl】を押しながら、【Page UP】で左側のSheetへ移動
  2. 【Ctrl】を押しながら、【Page UP】で右側のSheetへ移動

コピペはキーボード操作が基本だよ!

セルの選択はキーボード操作が良いことをお伝えしましたが、次はコピペ(コピー&ペースト)する時もマウス操作でしますか?

いいえ、コピペもキーボード操作が便利でカッコイイんです。

単純なコピペをキーボードで簡単操作

  1. 先ほど教えた通り、キーボードでセルを選択します。
  2. 【Ctrl】を押しながら、【c】を押す。(これでコピーさfれます)
  3. 貼り付けたいところで、【Enter】を押す。(または【Ctrl】を押しながら【v】を押す)

数式、書式設定、値の貼り付けもキーボード操作で簡単!

Excel特有のコピペ作業で、「数式だけ」「書式設定だけ」「値だけ」の貼り付け作業が有りますよね。【マウス操作】と【キーボード操作】を比較しましょう。

【マウス操作】

  1. セルを選択し、右クリック
  2. コピーを選択し、貼り付けるセルを選択
  3. 右クリックして、「形式を選択して貼り付け」を選択
  4. 貼り付けたい形式を選択して【OK】を押す。

【キーボード操作】

  1. セルを選択して、【Ctrl】+【C】
  2. 貼り付けるセルを選択
  3. 【Alt】を押す
  4. 【E】を押す
  5. 数式だったら【F】、書式設定だったら【T】、値だったら【V】を押す

ステップ的にはキーボード操作が多そうに見えますが、正直慣れたら抜群に早いです。しかも今回教えるキーボード操作で一番カッコイイです。また、数式・書式・値以外に色々あります。メインで使うのは数式・書式・値の3つですが、他も覚えて置くと良いと思います。

  • すべて(A)
  • 数式(F)
  • 値(V)
  • 書式(T)
  • コメント(C)
  • 入力規則(N)
  • コピー元のテーマを使用してすべて貼り付け(H)
  • 罫線を除くすべて(X)
  • 列幅(W)
  • 数式と数値の書式(R)
  • 値と数値の書式(U)

まとめ

今回紹介したキーボード操作は、キー操作を体に染みつけるまで時間がかかると思いますが、慣れれば必ずマウス操作の上を超えていきます。ぜひ覚えてください。

きっと周りからカッコよく見えるはずです。

以上

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

VAIOの画面がチカチカするので直します。

WebPファイルの変換はファイルコンバーター「Convertio」におまかせ!