【基本】iPhoneを手放す前に必ずやるべき事

ど~もです。昨年auに乗り換えた為に、ソフトバンク時代のiPhoneがタンスの肥やしとなりつつあります。ようやく残債が無くなりネットワーク利用制限が『〇』になったので、ヤフオクにでも出品しようかなぁ~。

というわけで今回は、iPhoneを手放す前にやるべきことをまとめました。

1.iPhoneのバックアップを必ず行おう。

iPhoneの初期化を行うとiPhone内のデータは完全に消えてしまいます。バックアップ方法は2通り

  • iCloudを利用してバックアップをする。
  • iTunesを利用してバックアップをする。

iCloudでバックアップする方法(Wi-Fi環境が必要)

  1. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続する。
  2. 【設定】⇒【icloud】⇒【バックアップ】をタップする。
  3. 【icloudバックアップ】が on になっていることを確認。
  4. 【今すぐバックアップを作成】をタップする。
  5. バックアップが開始されます。
  6. バックアップを確認する。(【設定】⇒【iCloud】⇒【容量】⇒【ストレージの管理】をタップし、該当する機器をタップするとバックアップ日時が確認できます。)

iTunesでバックアップする方法(PCが必要)

  1. iTunesを開き、PCに接続する。
  2. iTunesがiPhoneを認識したら、概要ページを選択
  3. バックアップ項目の【このコンピュータ】を選ぶ。バックアップの暗号化はアカウントパスワード、ヘルスケアデータ、Homekitデータをバックアップするにはチェックを入れてください。※パスワードは忘れないようメモを取っておいてください。
  4. 【今すぐバックアップ】をクリック。
  5. 処理が終わったら、バックアップの確認。(Macの場合:iTunesの【環境設定】から【デバイス】を選択。Windowsの場合:iTunesの上部メニューバーから【編集】メニューの【設定】を選び、【デバイス】タグを選択)該当する機器がバックアップした日時を確認できます。

詳しくはこちらを参照してください。

2.LINEのトーク履歴もバックアップしよう!

LINEのトーク履歴がicloudにバックアップできるって知ってますか?LINEアプリのその他画面から【設定】⇒【トーク・通話】⇒【トークのバックアップ】⇒【今すぐバックアップ】でOKです。LINEのヘビーユーザーは容量が大きくなる可能性があるため、Wi-Fi環境でのバックアップをおススメします。もちろんicloud容量の残量も確認してくださいね。

3.パスコード、AppleIDパスワードを確認

初期化にはパスコードが必要です。普段TouchIDばかり利用していて忘れてしまったという方は、こちらを参照してください。

4.iPhoneの初期化(工場出荷時の状態に戻す)

  1. 《AppleWatchをペアリングしている場合のみ》AppleWatchのペアリングを解除する。WatchAppから【マイウォッチ】を選択し、【AppleWatchのペアリングを解除】を選択する。
  2. 『iPhoneを探す』をOFFにする。設定アプリ⇒【icloud】⇒【iPhoneを探す】
  3. icloudからサインアウトをする。設定アプリ⇒【icloud】⇒【サインアウト】
  4. いよいよ、完全に初期化です。設定アプリ⇒【一般】⇒【リセット】⇒【すべてのコンテンツと設定を消去】
  5. 完了!

5.まとめ

iPhoneの中身は個人情報がギッシリ詰まってます。自分の個人情報や知人友人のデータも守るのはあなた次第です。他人や中古販売業者などに手放すときは、必ず完全消去しましょう。また今回調べるにあたってLINEのバックアップ体制が簡単になっているのが分かりうれしくなりました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【MNP】知らないと損する、更新期間でも乗り換えをしてはいけない期間

携帯料金が高いのでmineo(マイネオ)を検討してみた

平野ノラからブルゾンちえみまで、ヴァーチャルアシスタントSiriはお笑いに貪欲

素敵な大人にぴったり。引き算から生まれた【MYNUS iPhone CASE】

意外と知らない!iOS Safariのタブを【一括消去】と【復活】させる方法

ケースなし派は必見!デザインを最大に生かすMYNUS iPhone7 REAR ...