定番モデルからハイテクモデルまで、スニーカーを選ぶぞ!

こんにちは。だんだん春が近づいて、服はもちろん、靴も冬用のブーツ類から春らしくスニーカーに切り替える時期です。ふと、下駄箱を見てみればスニーカーのほとんどが、カカトがすり減って穴が開いた状態で、まともなのは1足のみでした。

私だけかも知れませんが、靴って毎日履いてるわりに、くたびれ度って気づかないんですよね~。もちろん、ファッション好きで靴も沢山持ってて、毎日コーディネートに気を使っている方はそんな事ないと思いますが…。

これはまずい…。新しい靴を探さないと…。

スニーカー選びの決め手は何?

私が思うスニーカーを選ぶポイントを挙げてみました。

  • デザイン
  • 足の形に合うか
  • 靴の軽さ
  • 機能性

スニーカーに限らず、靴を選ぶ時に気になることですよね。

スニーカーのデザインで選ぶ

形にもカラーも定番タイプ

いわゆる、昔からある定番モデルでカラーも定番色のスニーカーです。

【アディダス】

スタンスミス

スーパースター

【ナイキ】

エアフォース1

ダンク

エア・ジョーダン

【ニューバランス】

574

996

1400

【コンバース】

オールスター

ワンスター

どれも、長年愛されてきたモデル達で、無難な選択をしたい人にはピッタリです。

形は定番。カラーに特徴あり。

先程紹介した各メーカーの定番モデルでも、カラーに特徴があるモデル。

期間限定だったり、有名ショップの別注モデルがあります。

他の人とカブりたくない!という方はナイキ、アディダスなどで世界に1つだけのスニーカーが作れるプログラムがあるので、こだわりたい方はそちらでオーダーしてもいいかもしれません。

形が斬新のハイテクスニーカー

90年代に生まれ、クッション性、フィッティング性や軽量化のために各メーカーが最先端の技術を投入し発売されたモデル。

ナイキ AIR MAX

Reebok インスタ・ポンプ・フューリー

などが挙げられます。全体的にゴツめのスニーカーが多くあり、ゴツくて見た目が派手なのが好きな方向けです。

足の形に合ったスニーカーを選ぶ

各メーカーによって、サイズ感に特徴がありますが、各モデルによって幅広だったり幅狭だったりで、一概に言えません。履いたことの無いメーカーやモデルは、実際に履いてみるのが一番です。

試着する時のポイント

  • 夕方に試着する。(朝方より夕方の方が足がむくんでいるため)
  • 普段履いている靴下で履いてみること。(靴下の厚手薄手に注意)
  • 必ず、両足履いてみること。
  • かかとを合わせて履いてみること。
  • つま先を動かせるくらいの余裕があること。(指1本分くらい)
  • 実際に歩いてみて、くるぶしが靴に当たらない事(インナーソールで調整可能です)
  • 足幅が合っていること。

以上の事に注意してスニーカーえらび、サイズ選びをしてください。めんどくさいからと言って、確認を怠ると靴擦れやつま先が痛くなる原因になってしまいます。

靴(スニーカー)の軽さで選ぶ

スニーカーなので、ブーツや革靴などと比べればみんな軽いです。しかし軽いスニーカーの中でも軽い重いがあります。街履きがメインで運動に使用しないのであれば、特に気になることはありませんが、軽い運動等に使いたいのであれば実際に手で持つ、履いて感じるなどで判断するのが良いかと思います。

スニーカーの機能性で選ぶ

スニーカーに求める機能性とは

スニーカーに求める機能性は

  • クッション性
  • 通気性
  • ホールド感

など、求めればキリが無いですが、先ほど紹介したナイキAIRMAXなどですね

結局何を買ったのか?

定番商品の中から、履きやすさとカラーリングを重視した結果、ニューバランスMRL996にしました。欲を言えばM996が欲しかったのですが、1万ほど高くなってしまうので断念しました。

以上、最後まで読んで頂き、有難う御座いました。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NELD 【ネルド】ラウンドファスナー長財布購入と1年後の経年変化

長年愛用のザ ノースフェイス ヌプシブーティが寿命を迎えた

CUNE 価格 ・再・ 改定祭り開催

ソレル君を履いた感想

CUNE が価格改定祭り開催!

SOREL 1964 PacNylonを購入しました