GPS機能ONの状態でSUUNTO Ambit3 Verticalのバッテリー稼働時間を検証

ど~も~、きよごりです。

前回の時計モードでのバッテリーの稼働時間を検証しました。なので今回はGPS機能をONの状態でどんだけバッテリーが消耗するか検証しました。
会社帰りに1コ手前の駅で降りて、自宅までのウォーキングを記録します。

Ambit3設定内容
記録間隔 1秒
GPSレコーディングレート 最良

 

【記録間隔】とは時計のメモリー内に変化を記録する間隔で、1秒、10秒の2段階設定がある。もちろん設定1秒が細かく記録できるが時計内のメモリーの使用量が多い。メモリーがいっぱいになると古い記録から消されてしまうそうです。これはバッテリー消耗に大きく影響はないと思います。

【GPSレコーディングレート】とはGPSからの信号を受信する間隔で、最良(1秒)、良い(5秒)、OK(60秒)とOFFの4段階設定がある。最良の1秒間隔では動きに合わせて間隔を調整するそうです。GPS信号の受信はバッテリー消耗に大いに関係があります。

記録開始時のバッテリー残量は13%

いつものコース4.2kmを約40分歩いて帰宅し時計を確認すると

あれ?記録が終了してる・・・。

どうやらバッテリー残量が少なくなりすぎて、自ら記録を終了したんだと思われます。とりあえず、Movescountで確認すると約3キロ、29分間で記録が終了してました。30分で10%消耗したことになりますね。

単純計算で 100%の状態で300分(約5時間)

カタログ値だとGPSレコーディングレートが最良で「10時間」とありますが、大分差が出ましたね。バッテリー消耗は天候、気温、地形、スピードなどの要因で大きく左右され、途中で計測が終わってしまったので今回の測定は参考としておきます。

また今度改めて検証したいと思います。その時はなるべくバッテリー残量が80%以上ある時にしたいと思います

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知らない土地でも安心 SUUNTO Movescount Appのヒートマップ機...

驚愕!SUUNTO Movescountのヒートマップで見る都内と新潟のランナー...

最高にして最強!心拍計内蔵のSUUNTO Spartanが発売されたぞ!

心拍計内蔵のSUUNTO SPARTAN がついに2017春に発売 !!

男40代にピッタリなスポーツウォッチを買うぞ!SUUNTO購入編

SUUNTO Ambit3 室内ランニングする時のGPSはどうする?